琉球大学医学部附属病院 形成外科は、乳房再建に力を入れています。

琉球大学医学部附属病院 形成外科 乳房再建専門サイト

琉球大学医学部附属病院 形成外科 乳房再建専門サイト

乳癌手術の方法

乳腺外科医による乳癌手術の方法は以前に比べて縮小手術の方向に変化しています。以前は大胸筋を合併切除する胸筋合併乳房切除術が標準術式でしたが、現在はほとんど行われていません。昔の手術で大胸筋が切除されている場合は人工物での再建が選択できませんが、現在主に行われている大胸筋を温存する乳癌手術の方法では自家組織と人工物のどちらも選択肢となります。現在の主な乳癌手術の方法には以下の3つがあります。(乳癌手術の詳細は乳腺外科の項をご覧ください。)

1. 胸筋温存乳房切除術

乳輪乳頭を含めた胸部皮膚と乳腺全てを切除する方法です。胸部皮膚が切除されるため、自家組織の皮膚を胸部皮膚として表に出すか、半年程度かけてエキスパンダーで胸部皮膚を拡張させる(後述する二期再建)必要があります。

2. 皮下乳腺全摘術

健康な皮膚と脂肪を残して乳腺を全て摘出する方法です。乳癌手術と同時に乳房再建(後述する一次再建)を行なわないと、温存された胸部皮膚が萎縮してしまいます。乳癌手術と同時に乳房再建を行えば、他の乳癌手術の方法に比べて良好な乳房形態を再現しやすいです。

3. 乳房温存術

現在我が国の乳癌手術で最も多い方法です。乳癌とその周囲の正常乳腺組織を切除します。乳腺の切除は部分的ですが、切除する場所や大きさによっては乳房の変形が目立ちます。残された乳腺に対して術後放射線療法が行われることがほとんどです。乳房の変形が目立つと予想される場合、皮下乳腺全摘術のほうが乳房再建後の乳房形態が良好であることがあります。

いずれの乳癌手術の方法においても腋窩のセンチネルリンパ節生検と、その結果に応じて腋窩リンパ節郭清が乳腺外科医によって行われることがあります。腋窩リンパ節郭清や術後放射線療法・術後化学療法が行われる場合は、乳腺外科医と協議の上で乳癌の治療を優先し、乳癌手術時には乳房再建を行わない(後述する二次再建)ことがあります。

Page Top