琉球大学医学部附属病院 形成外科は、乳房再建に力を入れています。

琉球大学医学部附属病院 形成外科 乳房再建専門サイト

琉球大学医学部附属病院 形成外科 乳房再建専門サイト

手術時期と手術回数

乳房再建の手術時期を区別する表現として
一次:乳癌手術と同時に乳房再建
二次:乳癌手術の一定期間後に乳房再建
があります。

乳房再建の手術回数を区別する表現として
一期:1回の手術での乳房再建
二期:2回の手術での乳房再建
があります。

これらの組み合わせにより、乳房再建の手術時期と手術回数には以下の4つの種類があります。

一次一期再建

乳癌手術と同時に自家組織または人工物を用いて1回で乳房再建。
(乳癌手術で皮膚が切除された場合は、人工物を選択できないことがあります。)

一次二期再建

乳癌手術と同時にエキスパンダーを挿入し、半年後に自家組織または人工物を用いて乳房再建。

二次一期再建

乳癌手術時は再建を行わず、一定期間後に自家組織または人工物を用いて1回で乳房再建。
(乳癌手術で皮膚が切除された場合や、胸部皮膚の萎縮がある場合は、人工物を選択できないことがあります。)

二次二期再建

乳癌手術時は再建を行わず、一定期間後にエキスパンダーを挿入し、さらに半年後に自家組織または人工物を用いて乳房再建。

一次と二次、一期と二期にはそれぞれ以下の様な利点と欠点があります。

一次 二次
利点 ・乳房の喪失感が少ない
・手術回数が1回少なくなる
・乳房再建に関して考える時間がある
・合併症の可能性が比較的低い
欠点 ・乳房再建に関して考える時間が少ない
・手術時の合併症の可能性がわずかに高い
・手術回数が1回多くなる
・皮膚が萎縮するため、人工物での再建を希望する場合は2回の手術(二期再建)が必要になる可能性が高い
一期 二期
利点 ・再建手術が1回で済む ・皮膚拡張の間に、自家組織か人工物か考える時間がある
・自家組織で再建を行った場合でも皮膚がパッチワーク状にならない
欠点 ・皮膚が萎縮している場合、人工物での再建は行えない ・再建手術が2回必要
・エキスパンダー感染などの可能性がある
・皮膚拡張のために外来通院が半年程度必要

Page Top