琉球大学医学部附属病院 形成外科では眼瞼下垂、睫毛内反、眼瞼腫瘍などに力を入れています。

琉球大学医学部附属病院 形成外科 眼形成外科治療専門サイト

琉球大学医学部附属病院 形成外科 眼形成外科治療専門サイト

お知らせ

2018/4/1
清水雄介が琉球大学大学院 医学研究科 形成外科学講座の主任教授に就任しました。
2017/10/13
友利新医師が琉球大学医学部附属病院 形成外科の非常勤講師に就任しました。
2017/7/19
琉球大学医学部附属病院形成外科発の株式会社グランセルが琉球大学の第1号ベンチャーに認定されました。
2017/8/24
再生医療産業活性化を目指した脂肪幹細胞ストック事業に当科 清水が研究統括責任者として参画することになりました。
2017/6/30
市民公開講座のお知らせ
2016/8/30
琉球大学医学部附属病院形成外科では後期臨床研修をしてくださる方を全国から広く募集中です。

質問は御遠慮なく下記へお問い合わせください。

問い合わせ先:
2015/6/13
琉球大学医学部附属病院 形成外科サイトが公開されました。

眼形成外科について

眼は‘視る’という重要な機能をもっています。また顔の表情の中心であり、整容面でも重要な役割を果たしています。したがって眼球を保護するまぶた(眼瞼)や土台となる骨(眼窩)の損傷は視野障害などの機能的損傷の原因となるだけでなく、整容面の問題や精神的な負担の問題につながっていきます。

琉球大学医学部附属病院 形成外科では眼の‘機能面’を改善するだけでなく、見た目の‘整容面’も改善し、最終的には患者さんの‘精神面’を出来るだけ満足させることができるように細心の注意をはらって治療にあたっています。
琉球大学医学部附属病院 形成外科 眼形成外科治療専門サイトでは
眼瞼下垂、睫毛内反、眼瞼腫瘍などに力を入れています。

様々な症例・治療方法について

Page Top