琉球大学医学部附属病院、形成外科では様々な症状を扱っております。

琉球大学医学部附属病院 形成外科

お電話でのお問い合わせ
受付時間 8:30〜17:00

附属病院(代表)
098-895-3331
眼瞼外反

診療のご案内

眼瞼外反

主に下眼瞼が下側に引かれたり、外側にめくれたりする状態です。顔面神経麻痺に伴うもの(麻痺性)や外傷性の瘢痕(瘢痕性)が原因となることが多いです。
眼が乾燥しやすく、重症になると角膜に傷がつきます。また整容上の問題もあります。進行すると目が赤くなり兎眼(とがん)と呼ばれる状態になります。
治療としては、症状に応じて外眼角形成術や、内眼角形成術等を行います。重症の場合は大腿筋膜や耳介軟骨を下眼瞼に移植します。丁寧な手術を行えば傷跡はほとんど目立ちません。

顔面神経麻痺による麻痺性下眼瞼外反に対して、外眼角形成術、内眼角形成術を行いました。

瘢痕性下眼瞼外反、下眼瞼下垂に対して、外眼角形成術、頬部リフト術を行いました。

顔面神経麻痺による麻痺性下眼瞼外反に対して、外眼角形成術、内眼角形成術、大腿筋膜移植術、眉毛挙上術を行いました。

Page Top