琉球大学病院、形成外科では様々な症状を扱っております。

琉球大学病院 形成外科

お電話でのお問い合わせ
受付時間 8:30〜17:00

琉大病院(代表)
098-895-3331
脂肪吸引

診療のご案内

脂肪吸引

琉球大学病院では2021年より自費診療による脂肪吸引術をはじめました。

形成外科専門医が、患者さんの御希望される部位の脂肪を吸引致します。脂肪吸引により体重が大きく減ることはありませんが、部分的な痩身を得られます。部位によっては皮膚のたるみも改善します。術後は一時的に腫れや内出血斑がでますが、殆どの場合、術翌日から通常の社会生活をおくることが可能です。術後は専用の包帯もしくは弾性ストッキングで圧迫を継続していただきます。術後3-6か月程で最終的な形に落ち着きます。

利点:
キズアトが目立ちません。
吸引部分の脂肪が減ります。
皮膚のたるみが改善する場合があります。

合併症:
(しばしばおこる合併症)
内出血、出血斑、腫れ
(ときにおこる合併症)
吸引部位の凹凸、創部感染
(殆どおこらないが過去に報告されている合併症)
皮膚壊死、肺塞栓による呼吸不全、ショック、内臓損傷等による死亡

治療の流れ

1. 予約
毎週火曜日午前(9時~11時)の形成外科外来を受診してください。紹介状は必要ありません。担当医が休診のことがあります。来院前に再度、御確認を宜しくお願い致します。
(問合せ先:ryukyuprs@gmail.com
2. 手術日予約
担当医と相談後、手術日を予約します。通常は水曜日の手術となります。局所麻酔のみで手術を行うことが多いですが、状況により全身麻酔を併用致します。
3. 術前診察・検査
手術に関する詳細な説明、同意書の作成の他、採血・心電図・胸部X線検査、入院に関する案内を行います。術後に着用するストッキングの購入についても御案内します。
4. コロナPCR検査
入院数日前にコロナ確認のためのPCR検査のために御来院いただきます。
5. 入院
手術前日、もしくは当日に入院していただきます。
6. 手術
手術は局所麻酔、もしくは全身麻酔で行います。
7. 退院
手術翌日午前に退院となります。術後は入院前に購入していただいた専用のストッキング、包帯などを最低1週間、可能であれば3か月~6か月間、着用していただくことをおすすめしています。
8. 外来通院
術後1週、1か月、3か月、6か月、1年を基本として外来通院をお願いしています。状況により日程を調整することが出来ます。

費用

費用としては保険適用にならず、全額自己負担となります。初診料、術前検査費用、PCR検査費用、手術費用、麻酔費用、入院費用、弾性包帯費用等がかかります。下記にそれぞれの費用の概算を示します。
実際の会計では異なる可能性があることを御了承ください。

例1:1泊2日、局所麻酔による両側上腕の脂肪吸引の場合
初診料:2,880円
術前検査費用:10,000円
PCR検査費用:29,000円
手術費用:88,000円
局所麻酔費用:1,000円
入院費用:78,170円
ストッキング費用:8,000円
外来通院費用:740円×5回=3,700円
合計:約23万円
例2:1泊2日、局所麻酔による腹部脂肪吸引の場合
初診料:2,880円
術前検査費用:10,000円
PCR検査費用:29,000円
手術費用:165,000円
局所麻酔費用:1,000円
入院費用:78,170円
ストッキング費用:1,000円
外来通院費用:740円×5回=3,700円
合計:約31万円

上腕脂肪吸引

琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引 琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引

腹部脂肪吸引

琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引 琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引 琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引

大腿脂肪吸引

琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引 琉球大学病院 形成外科 脂肪吸引

Page Top