琉球大学医学部附属病院、形成外科では様々な症状を扱っております。

琉球大学医学部附属病院 形成外科

眼球陥凹

診療のご案内

眼球陥凹

眼球陥凹とは眼が奥に引っ込んだ状態のことで、前項の眼窩底骨折の後にしばしばみられます。患者さんの状態に応じて自家骨移植、人工骨移植、脂肪移植、骨切術などをすることによって眼を前方に引き出すようにします。狭い眼窩内に新たな組織を充填することが基本になるため、手術は慎重に行わなくてはなりません。術後一過性の複視を認めることがありますが、通常は時間と共に軽快します。

Page Top