琉球大学医学部附属病院、形成外科では様々な症状を扱っております。

琉球大学医学部附属病院 形成外科

眼のまわりの骨折

診療のご案内

眼のまわりの骨折

眼のまわりの骨折には眼窩底骨折、眼窩内側壁骨折、眼窩上壁骨折、顔面多発骨折に伴うものなどがあります。

1.眼窩底骨折
眼球にボールが当たったり、肘や膝が当たったりして眼球を支えている薄い骨(眼窩底)に骨折を生じます。症状として複視、眼球陥凹、頬部や上唇のしびれを生じます。小児で高度な眼球運動障害を認める場合などは、受傷後早期の手術が望ましい場合もあります。

手術は主に2つの種類があります。1つ目は骨折部に陥没した眼窩内容(主に脂肪組織)をもとの位置に戻し、骨欠損が生じた場合、骨・軟骨移植あるいは人工物(人工骨などの人工材料)を移植して眼窩底を修復する方法です。2つ目は眼窩底の下の空間に当たる上顎洞の中に、風船のように膨らむ材料(上顎洞バルーン)を鼻から入れて3-4週間留置しておく方法です。内視鏡を併用して顔面には一切傷をつけないで整復する方法です。琉球大学医学部附属病院 形成外科では近年2つ目の方法を行うことが多くなっています。

左側眼窩底骨折を認めます。 左眼球の上転障害を認めていましたが、術後には改善しているのがわかります。

2.眼窩内側壁骨折
眼窩底骨折の発生と同じ原因で、眼窩の内側に骨折を生じることがあります。眼球運動障害や、眼窩陥凹の原因となりえます。琉球大学医学部附属病院では耳鼻科と共同して内視鏡手術を行って整復を行っています。顔面に一切傷をつけずに鼻の中から眼窩内側壁骨折部に到達し、同部を整復する方法を行っています。術後3-4週間、シリコンシートで固定を行います。ただし、受傷の状況が重症な場合は、経涙丘的に眼窩内側壁骨折を整復することもあります。

3.眼窩上壁骨折
受傷の仕方によっては、眼窩上壁が骨折することもあります。骨折片が眼窩内入り込み、(blow in)、眼球を圧迫して眼球運動障害をきたすことがあります。頭蓋底骨折を合併して髄液漏をきたすこともあります。眉毛下切開、冠状切開(頭皮全体の切開)を行って骨折部を整復します。陳旧性の場合は骨を削ったり、人工骨を充填したりして外観を整えることも行います。

右眼窩上壁骨折を認めます。 骨折片が眼窩内に入り込んでいたのを整復します。前頭骨部分も整復して外観を整えています。

4.顔面多発骨折 交通事故、転落などの高エネルギー外傷により、顔面全体の骨折をきたすことがあります。骨折の態様によって、様々なタイプの眼窩周囲骨折を合併します。丁寧に整復をすることにより、なるべく元の形にちかづけるようにします。

Page Top