琉球大学医学部附属病院、形成外科では様々な症状を扱っております。

琉球大学医学部附属病院 形成外科

お電話でのお問い合わせ
受付時間 8:30〜17:00

附属病院(代表)
098-895-3331
漏斗胸

診療のご案内

よくあるご質問

Q.入院期間は?

1週間~10日間くらいです。

Q.何歳になっても手術が出来ますか?

金属バーによる矯正手術が開発された当初は、開発者であるドナルド・ナス先生が小児外科であったこともあり小児のみが治療の適応となると考えられていました。しかしその後の発展につれ、成人でも治療が行えることがわかって来ました。琉球大学医学部附属病院では4~5歳の小児から40代の成人まで、幅広い年齢層に対して治療を行っています。

Q.費用はどのくらい?

10日間の入院でオーソドックスな方法で治療を行う場合には以下のようになります。年齢により費用が異なります。

15歳以上の場合

保険適応で3割負担と仮定すると負担分は50万円程度になりますが、漏斗胸は高額療養費の対象疾患ですので、国民保険または社会保険加入者は一部が還付されます。収入にもよりますが、限度額認定証を加入されている保険から取得した場合、実際に治療費としてお支払いいただく金額は18万円以下になります(所得に応じて18万円・10万円・3万円の3段階)。

ただし琉球大学医学部附属病院においては治療費用に加えて別途、差額ベッド代を5000円/日)いただいております。よって10日間の入院とすると最終的にご負担いただく金額は8万円~23万円になります。

15歳未満の場合

お住まいになられている地域の自治体にもよりますが、育成医療の対象になりますので、治療費のかなりの部分が自治体より負担されます。
(自己負担分は多くの自治体において月額1万円程度です。詳しくはお住まいの地域の区役所・市役所にお問い合わせください。)

Q.痛みはありませんか?

術後しばらく、胸が圧迫されるような感じや、背中に違和感がある場合があります。しかし適切な管理によってかなり軽減します。想像されるような、切られるような痛みは一切ありません。

Q.いつから普通に生活ができますか?

退院直後からデスクワークや登校が可能です。歩くことや走ることも可能です。

Page Top